伝記

Michael Justは1979年にドイツのフランクフルト、マインで生まれました。アーティストです。今はベルリンに住んでいます。2007年にデュッセルドルフでDaniel Buren (卒業証書/修士課程、2007年) と共にディュッセルドルクアカデミーという芸術の学校で芸術と建築について学びました。卒業証書も持っています。2009年にはロンドンの大学でゴールドスミスのMFAを取得し卒業しました。2010年~2011年までニューヨークでWhitney博物館で自主学習のプログラムに参加しました。

彼はDAADのPostgraduate Fellow(2007年/2008年)でした。2007年~2008にKonrad-Adenauer-FoundationにEHFフェローシップの受賞者でした。 移住した場所はパレスオブアーツ、ナポリ、2010年 (Palazzo delle Arti Napoli)、ヴィラオーロラ、ロサンゼルス、2012年 (Villa Aurora Los Angeles)、東城区、北京市、2017年 (Dongcheng District Beijing)と国立現代美術館ソウル、2018年 (National Museum of Modern and Contemporary Art, Seoul)。彼の作品は世界中の機関で展示されています。例えば: MRAC セリニャン、2005年と2006年 (MRAC Sérignan)、ベナキ美術館、アテネ、2005年 (Benaki Museum Athens)、ドメーヌポメリーランス、2007年 (Domaine Pommery Reims)、コーナーハウス、マンチェスター、2009年 (Cornerhouse Manchester)、A Foundation ロンドン、2009年 (A Foundation London)、パレスオブアーツ、ナポリ、2010年 (Palazzo delle Arti Napoli)、アーティサナルハウス、ニューヨーク、2013年 (Artisanal House New York City) (2013年), エイゲン+アートラボベルリン、2014年 (Eigen+Art Lab Berlin)、ドイツの銀行アートホール、ベルリン、2015年 (Deutsche Bank Kunst Halle Berlin)、ペパーミントホールディング、 ベルリン、2016年 (Peppermint Holding Berlin)、東城区、北京市、2017年 (Dongcheng District Beijing)と国立現代美術館ソウル、2018年 (Contemporary Art Seoul)。 彼は世界中で講演しました。 講演した場所は: 芸術アカデミーデュッセルドルフ (Kunstakademie Düsseldorf)、 ゴールドスミス、ロンドンの大学 (Goldsmiths University of London)、 美術アカデミーナポリ (Accademia di Belle Arti Napoli)、 アートセンター、 デザイン学部、 パサデナ (Art Center College of Design Pasadena)、 テキサス、ダラスの大学 (University of Texas Dallas)とローマ美術アカデミー (Accademia di Belle Arti Roma)。

Michael Just works mainly in two-dimensional, image-based mediums, installation, text and time- and process-based, often times discursive and intersubjective projects. His performative practice prioritizes a post-conceptual approach over medium-specificity and could be described as a network of permeating, interacting and interrelating fields that form a complex whole. Using notions of plasticity to develop fluid concepts of the politics of form and the form of politics, Just is ultimately concerned with history understood as the process of change. His work investigates and analyzes notions of the conditions of becoming as they pertain to opening up possibilities for the formation of future societies and their material conditions of production. For art to contribute to the constitution of the future, his practice attempts to facilitate a discourse that merges culture with technology and the socio-political. There is a performative, pedagogical dimension to his approach at the heart of which is the production of a critical audience. His work is, therefore, also concerned with an investigation of methodologies of knowledge production, often times from a queer-feminist perspective.

Imprint     Privacy Policy     Accessibility    © MICHAEL JUST STUDIO 2019