个人简介

Michael Justは1979年にドイツのフランクフルト、マインで生まれました。アーティストです。今はベルリンに住んでいます。2007年にデュッセルドルフでDaniel Buren (卒業証書/修士課程、2007年) と共にディュッセルドルクアカデミーという芸術の学校で芸術と建築について学びました。卒業証書も持っています。2009年にはロンドンの大学でゴールドスミスのMFAを取得し卒業しました。2010年~2011年までニューヨークでWhitney博物館で自主学習のプログラムに参加しました。

彼はDAADのPostgraduate Fellow(2007年/2008年)でした。2007年~2008にKonrad-Adenauer-FoundationにEHFフェローシップの受賞者でした。 移住した場所はパレスオブアーツ、ナポリ、2010年 (Palazzo delle Arti Napoli)、ヴィラオーロラ、ロサンゼルス、2012年 (Villa Aurora Los Angeles)、東城区、北京市、2017年 (Dongcheng District Beijing)と国立現代美術館ソウル、2018年 (National Museum of Modern and Contemporary Art, Seoul)。彼の作品は世界中の機関で展示されています。例えば: MRAC セリニャン、2005年と2006年 (MRAC Sérignan)、ベナキ美術館、アテネ、2005年 (Benaki Museum Athens)、ドメーヌポメリーランス、2007年 (Domaine Pommery Reims)、コーナーハウス、マンチェスター、2009年 (Cornerhouse Manchester)、A Foundation ロンドン、2009年 (A Foundation London)、パレスオブアーツ、ナポリ、2010年 (Palazzo delle Arti Napoli)、アーティサナルハウス、ニューヨーク、2013年 (Artisanal House New York City) (2013年), エイゲン+アートラボベルリン、2014年 (Eigen+Art Lab Berlin)、ドイツの銀行アートホール、ベルリン、2015年 (Deutsche Bank Kunst Halle Berlin)、ペパーミントホールディング、 ベルリン、2016年 (Peppermint Holding Berlin)、東城区、北京市、2017年 (Dongcheng District Beijing)と国立現代美術館ソウル、2018年 (Contemporary Art Seoul)。

Michael Just 主要创作二维的基于图像的媒介作品,装置,以及基于文本,时间和过程的通常是论证的和主观间的项目作品。他的行为性实践着重于后概念性方法而非媒介特殊性,可被描述为一种在渗透, 关联和交互领域之间的网络,最终构成一个复合整体。他运用可塑性概念来演化出形式政治和政治形式的流动理念,从根本上关注被其理解为变化之过程的历史。他的作品探讨和分析形成,前提及变化的理念,因为这些理念涉及为未来社会的形成及其物质生产条件开放可能性。在关于艺术如何作用于未来之构成这一方面,他的实践尝试促进一种融合了文化,技术和社会政治的论述。在他的实践方法中存在一个行为性和教学性的维度,而其方法的核心是发展具有批判性思维的受众。故而他的作品也涉及对于知识生产的方法论研究,时常从酷儿-女权主义视角出发。

版本     Privacy Policy     Accessibility    © MICHAEL JUST STUDIO 2019